ワークスタイルをデザインする世の中へ いま、社会は働く場所や時間を「選択する」時代に移り変わってきています。フレックスタイムやリモートワークもよく耳にするようになりました。かつての時代を思えば、恵まれた環境になりつつあるのかもしれません。 しかし、私たちが実現しようとしているのは、その先に広がる、もっと「のびやかで愉しい」世界。 「自らワークスタイルを主体的にデザインする」世の中です。 与えられた選択肢に人生を合わせていくのではなく、むしろライフスタイルに合わせて働き方を考えていく。 自分や家族にとって最適な仕事のあり方を設計し、カタチ作っていく社会を目指しています。 プライベート、仕事内容、働く時間・場所、チームメンバー、そして報酬、キャリア・・・。様々な要素を複眼的に検討し、ベストなワークスタイルを実現させていく試みは、きっとあなたが思っているほど無謀なチャレンジではありません。 どんなデザインであれば機能するのか、リスクはどの程度あるのか。 現実的なことにもしっかり目を向けながら、実現可能なスタイルを一緒に描いて行きましょう。 ワークスタイルをデザインする世の中へ いま、社会は働く場所や時間を「選択する」時代に移り変わってきています。フレックスタイムやリモートワークもよく耳にするようになりました。かつての時代を思えば、恵まれた環境になりつつあるのかもしれません。 しかし、私たちが実現しようとしているのは、その先に広がる、もっと「のびやかで愉しい」世界。 「自らワークスタイルを主体的にデザインする」世の中です。 与えられた選択肢に人生を合わせていくのではなく、むしろライフスタイルに合わせて働き方を考えていく。 自分や家族にとって最適な仕事のあり方を設計し、カタチ作っていく社会を目指しています。 プライベート、仕事内容、働く時間・場所、チームメンバー、そして報酬、キャリア・・・。様々な要素を複眼的に検討し、ベストなワークスタイルを実現させていく試みは、きっとあなたが思っているほど無謀なチャレンジではありません。 どんなデザインであれば機能するのか、リスクはどの程度あるのか。 現実的なことにもしっかり目を向けながら、実現可能なスタイルを一緒に描いて行きましょう。